パニック障害 息苦しい 対処法

パニック障害で息苦しい時の対処法

スポンサーリンク

あなたはパニック障害についてご存じですか?
パニック障害は、突然激しい動悸や頻脈、息苦しさ、めまい、発汗、身体の震えなどが発作的に起こる疾患です。
身体の何処かがおかしいのはないかと思った患者は医療機関にて診察してもらいますが、身体的にはどこにも異常が見つからないことが特徴です。
この強い発作は10分〜1時間くらいで収まります。
また、このパニック発作を何度か繰り返しているうちに、また発作を起こしたらどうしようという恐怖心が生まれます。
この恐怖心がまた発作を起こすという悪循環を生み出しているのです。
パニック障害の主な症状は次の通りです。
・汗をかく
・息苦しい、また呼吸が早くなり、息が詰まりそうになる
・胸に痛みを感じる
・心臓がドキドキする
・めまいや頭のふらつきを感じる
・寒気やほてりを感じる
・自分がこのまま死んでしまうのではないか不安になる
・吐き気や不快感を感じる
これらのパニック発作はその場から逃げられない場合や緊張感、ストレスが高まっている場合に大きな不安感や息苦しいと感じて起こる傾向があります。

場所としては
・エレベーターの中
・電車、飛行機、バスの中
・渋滞中の車の中
・長蛇の列に並んでいる時
・学校、会社など苦手な場所やストレスを感じる場所
また、普段は電車の中で平気な人でも突然電車が止まって運転再開まで電車の中に閉じ止められている時に苦しくなる人もいます。
このように突然何処かに閉じ込められたり、思い通りに移動が出来ない状況に陥ると息苦しいと感じてパニック発作が起こることがあるのです。
ではこのパニック障害で息苦しいと感じる時には、どのような対処法を取ったら良いのでしょうか?

スポンサーリンク

・仕事や育児、家事などを頑張り過ぎない
パニック障害は育児や家事、仕事などで毎日忙しく、精神的にきつい状態が続くと発症します。
この精神的な圧迫感をなるべく和らげるように、息抜きをしながら、取り組むようにしましょう。
・何事も完璧を求めない
何事も完璧にこなそうとすると自分自身の心に負担がかかります。
自分で抜け出せない状況を生み出してしまうと、心の何処かで悲鳴を上げてパニック発作が起こってしまうのです。
ですので、何事も程々でちょうどいいと思うようにしましょう。
また、一人ですべてこなそうとせず、職場の同僚や家族に協力を求めるようにしましょう。
信頼出来る友人に話をきいてもらうだけでもストレス解消につながりますし、軽いウォーキングやストレッチ体操、水泳なども効果的です。
好きな趣味に没頭する時間を見つけることもよいでしょう。
ご自分なりのストレス解消法を見つけるようにしましょう。
・お酒やタバコを控える
アルコールやタバコには摂取した時には不安を和らげるという効果がありますが、時間が経つと不安な気持ちが起こりやすいのです。
コーヒーに含まれるカフェインも刺激が強いため、不安感を高め、発作を誘発する要因になることがあります。
精神的に不安定な時期にはこれらの刺激物は控えるようにしましょう。
・うつ病や自律神経失調症になったことがある場合は、普段から再発しないように気をつける

自律神経失調症の方やうつ病の方はパニック障害を併発しやすい危険性をはらんでいます。
ですので、何も問題がない時でも、定期的に心療内科で診察を受けたり、かかりつけの医師に相談するようにしましょう。
また、パニック障害は回数を重ねると、また発作を起こすのではないかという不安感が高まり、この予期不安が強くなると人混みや乗り物が怖くなるため、日常生活にも支障をきたすようになります。
そうなると家事ができなくなり、家庭がぎくしゃくしたり、仕事を失ってしまう場合もあります。
このような状況に陥ることは不本意なのですから、症状が重くなる前に、心療内科、精神科、精神神経科などを受診して適切な治療を早めに受けるようにしましょう。
また、ご家族や配偶者、親しい友人に理解してもらい、支えてもらうことも大切な要素です。
このサイトではパニック障害で息苦しい時の対処法について、詳しく解説しています。
参考になりますので、ぜひ読み進めてみてくださいね。
どうぞくれぐれもお大事になさってくださいね!

スポンサーリンク