パニック障害 血圧 上昇

パニック障害によっては血圧は上昇する事もあります

スポンサーリンク

気をつけたい病気の一つに「パニック障害」があり、これは幅広い年齢層の方が発症する病気であるため気をつけていかなければいけなくなります。
パニック障害は1度発症すると突然発作が起きたり精神状態が不安定になったりします。
症状も様々あって一部を紹介するとパニック発作、予期不安、広場恐怖、非発作性不定愁訴の4つがあり、それに応じて発汗、胸部の痛み、呼吸困難、息が詰まる、血圧上昇、吐き気、めまい、のぼせ、知覚異常、死の恐怖、手足のしびれ等が起きたりします。
そのため、パニック障害は別の病気と似た症状を持っているため注意する必要があるという事であります。
また、症状の中には血圧上昇もあるため一過性の高血圧になる場合もあります。
パニック障害になると不安や恐怖から理性がコントロールできなかったするため興奮状態になる恐れもあり、それによって血圧が上昇してしまいます。
もし、精神的に疲れていたり上記で紹介した似た症状が頻繁に起きていたりしたらすぐに病院に行って診療を受ける事をオススメします。

スポンサーリンク

パニック障害は病院に行けば精密検査を受ける事も可能となっているため安心できます。
病院では何科を受診すれば良いのかというと、専門医が常駐している所であれば精神科また心療内科となっていて、専門医がいない病院であれば内科や循環器内科を受診すれば医師が対応してくれます。
パニック障害の診療については血液検査をはじめ、カウンセリング、問診、点滴、血圧測定等になっていて、診療後は薬を処方して経過を見ていく事になります。
他にも治療方法はありますが最も多いのが薬を処方しての治療と医師から生活指導等になっています。
この病気は同時にうつ病や自律神経失調症も併発する恐れもあるため厄介な病気でありいつ発作が起きるか分からないため治療中の期間も気をつけながら日々の生活を過ごしていく事になります。
医師の指導をしっかりと聞きながら対策をとりつつ早期改善に向けた行動を取る事が重要となっています。
そしてこの病気は完治するため長期間かかるため焦らず慌てず療養していく事になります。

スポンサーリンク