パニック障害 電車 対策

パニック障害による電車での症状対策

スポンサーリンク

パニック障害という症状は自分の苦手な場所や緊張するシチュエーションで発作などの症状が起きやすいです。
特に満員電車の様にパニック障害では無い人でも疲れるような空間ですと体調を崩し易いかもしれません。
こういった事にたいしてどの様にすればいいのか様々な面から対策を考えてみましょう。
まずパニック障害の症状ですが人により大きく異なり様々な例がある様です。
過呼吸であったり、お腹が痛くなったり、耳鳴りであったり、頭痛であったり、人によって様々なパターンがあるはずです。
共通している事は不安感やストレスが原因で症状がでるという事です。
また症状がでやすい場所も人により違います。
電車という場所に限ったわけでは無く、自身の苦手な場所で調子を崩しやすいのではないでしょうか。
職場であったり、人の多い繁華街であったり様々でしょう。
また逆に電車は大丈夫だけど他の場所が苦手という方もおられるかもしれません。
ただ電車という場所は比較的パニック障害の方が苦手な場所である事は事実です。
パニック障害は真面目で責任感がある人がなる事が多いとも言われているのですがその性質が無関係とは言えない様です。

スポンサーリンク

性格が真面目でしっかりした方ですと、友人とのちょっとした待ち合わせ程度でも遅刻は絶対してはいけない、具合が悪くても行く、という風に考える方は少なく無いと思います。
責任感がある方ですから何が何でも目的地まで行くという風に考え、それが緊張やストレスになる事も多い様です。
もちろん単純に電車や人込みが苦手な場合もあります。
この様な気持ちですから、対策の1つになるべく各駅停車に乗るというものがあります。
1駅区間が長いと不安感が増すので、いつでも何かあったら降りれるという状況の方がいいと思います。
仮にお腹が痛くなった1回降りる事も大切です。
遅れない様に時間より早めの各駅停車に乗ってゆっくり行けばいいのです。
又、意識しないために音楽を聴いたり、本を読んだりして意識を違う方向にずらす事も大切です。
しかし、これでは対策にならないという方も当然おられるとは思います。
なので1番の対策は病院でお薬を処方してもらい、症状を緩和させるという事かもしれません。
毎日仕事で電車に乗らなくてはいけないとなれば、中々自力で不安を解消するというのは難しくて当然です。
ならばお医者様に相談して上手くお薬と付き合いながらその上で更に工夫してみる事がいいと思います。
無理はしないという事が大切です。
できるだけ心に負担をかけない様に自身にあった方法をお医者様に相談しましょう。

スポンサーリンク