パニック障害 発作 頻度

パニック障害の発作と頻度について

スポンサーリンク

パニック障害という症状は、不安感やプレッシャーなど何か大きなストレスが心に負荷としてかかり、心のと体のバランスが崩れてしまう症状です。
自律神経失調症と症状や治療薬も似ています。
パニック障害の症状はそれこそ人によって千差万別です。
一説には自分の体の弱い部分や不安を持っている部分に現れやすいと言われています。
特にパニック障害で多いとされる症状は過呼吸ではないでしょうか。
発作がおきると息が苦しくなって、息を吸っても吸っている感覚がしないため、更に息を吸おう吸おうとして過呼吸になってしまうパターンです。
頻度は人や自分が置かれた状況によって違うものであると思います。
他にもお腹が緩くなったり、頭痛や耳鳴りなどがもありますが、こういった発作にはどの様に向き合っていくべきなのか対策を踏まえて考えてみましょう。
まずパニック障害の場合、とにかく無理をしない事です。
発作が起きる事がまた不安になってしまうので、少しづつでいいので発作の頻度が減る様にする事がまずは大切です。
自身に何かしらの症状がでた時は慌てない事、これはただの発作で本当に体が悪い病気では無いという認知をする事も1つの治療です。
例えば過呼吸ならばゆっくり、ゆっくりと深い深呼吸をして心のリズムを整えましょう。

スポンサーリンク

パニック障害の大きな特徴は場所によって症状や症状の頻度が違ってくるのではないでしょうか。
例えば満員電車の様に人が多くて健康な人でも居心地の悪い場所に行くと具合が悪くなり易いかもしれません。
他にも数日後に何か緊張する様な事があると調子を崩し易くなるかもしれません。
パニック障害は自分で治す事ができる場合もあると考えられますが、1番の対策は心療内科等の病院に行く事です。
医師に相談しながら自身にあった治療をする事こそが最も大切な事ではないでしょうか。
お薬の力を借りて治療する事も大切です。
症状が緩和される事で苦手なシチュエーションに挑戦できたりします。
治らない病気ではありませんが、デリケートな病気ではあるので、無理をせずに確実に少しづつ心の治療をする事が大切です。
人によって生活や抱えている問題が違いますので当然のことながら治るのに要する時間も違うと思います。
しかし、どんな場合であったとしても悪くとらえず、自分のペースで医師と二人三脚で治療する事が回復への近道だと思います。
完治していなくても日常生活に大きな支障が無く復帰している方もたくさんおられますので、自身の症状に悩み過ぎない事も非常に大切です。

スポンサーリンク