パニック障害 胸が痛い

パニック障害で胸が痛い症状は珍しい事ではない

スポンサーリンク

パニック障害は発症する原因から症状まで人により違いがあります。
どの様な症状があるのか例を挙げてみますと、息苦しさ、胸が痛い、胃痛、頭痛、めまい、耳鳴り、動悸、その他様々な症状があります。
またパニック障害になる原因も人により違い、過度なストレスや重圧、急激な環境の変化、生活習慣が不規則であるなど様々な原因があります。
今回は胸が痛いという事を中心にパニック障害に対してどの様に向き合っていこうかを考えてみましょう。
パニック障害に関わらず胸が痛いという症状はストレスがあると起きる事例がたくさんあります。
痛みの程度やパターンには違いがある様ですが、胸がチクチクと痛む、ジンジンと胃から胸にかけて痛む、圧迫される様に苦しい、他にも個人差はありますがこれ等の様な症状があげられます。
特に胸がチクチク痛むというのはパニック障害の人もそうで無い人も起きる可能性が高い様です。
原因としては肋骨の辺りから胸にかけて神経が通っているので、その神経がストレスなどがきっかけで痛みを起こすという様に考えられています。
パニックの場合になりますとこの胸の痛みが発作とともに痛みの度合いを変化させて起きる様です。

スポンサーリンク

胸が痛いという症状は胸という場所だけに、もしかしたら心臓が悪いのかもしれないと不安になる事もあるかもしれませんが、胸が痛む場合のほとんどは心臓では無く胸の神経が原因と考えていい様です。
パニックの発作となると不安になるかもしれませんが、症状がでた時こそ心を落ち着け、一回ゆっくりと深呼吸し冷静になりましょう。
胸の痛みに限らずパニックの発作が起きた時に優先的にすべき行為はゆっくりとした深く大きい深呼吸が効果的であると考えられています。
鼻からゆっくり大きく息を吸い口から同じリズムで息を吐く事で自律神経のリズムが整います。
自律神経失調症と同様にパニック障害も交感神経と副交感神経の乱れが原因で発作が起きやすくなりますので、気持ちを整えゆっくり自立神経を整える意識をする事も大切です。
しかしこれ等を意識的に行っても改善されない場合も当然あると思います。
そういった場合は心療内科などの病院に行くことが1番の対策です。
お医者様と相談しながら薬を用いる事で痛みや苦しみを緩和させる事ができます。
このような症状はお薬の力を借りて長期で治療する事も大切な手段です。
病気や症状に限った話では無く、人は1人1人置かれている状況も違うわけですから専門家と一緒に自分にあった解決方法を探していく事が回復への近道です。

スポンサーリンク