社会不安障害 仕事 支援

社会不安障害の仕事探しと支援の受け方

スポンサーリンク

社会不安障害と診断された場合、仕事も面接などで病気であることを話してみるのもありです。
社会不安障害を抱えながらでもできる仕事なのかを確かめてみるのも大事になってきますが、働き始めてからの不安も取り除きやすくなってくれます。
他人と関わることに恐怖心があるなら、接客業などを避けてみるのも好ましいですが、自分の得意分野で求人情報を探してみるのもいい探し方です。
社会不安障害であることをわかってもらった上で採用されると仕事中に症状がでてしまった場面でも対応してもらいやすくなります。
病気や障害に理解のある職場を選択することによって、周囲から支援してもらいながら働くのも難しくなくなってきます。
また、社会不安障害による症状が出てしまった時のサポート機関も把握しておくと便利ですが、きちんとした支援を受けられる可能性も高くなってきます。
仕事を斡旋してもらえたりと支援内容も様々ですが、悩んでいることを相談してみると解決策も見つけやすいです。

スポンサーリンク

採用されないことが続いても焦らずに就職活動をすると余裕も出てきますが、条件や業務内容など一致する仕事も決まる日も近づいてきます。
仕事が長続きしなかったりと働くことが苦痛になっているのであれば、無理をして働かずに休む時間を作ってみるのも症状を悪化させにくいです。
夢中になれる趣味をもったりと気分転換できる方法を探してみるのもリラックスしやすいですが、大きなストレスを溜め込めにくくなります。
メンタル系のクリニックに通院してみるのも正しい治療を受けやすくなりますが、病気との向き合い方も判断しやすいです。
学生である場合は、学校にいるスクールカウンセラーなどに打ち明けたりと力になってもらうのもできることです。
社会人だと上司などに伝えておくのも配慮してもらいやすいです。
更に同じ症状で悩んでいる人と語り合ってみるのも病気について客観視しやすくなりますが、信頼できる仲間を作りやすくなったりとメリットもあります。

スポンサーリンク