社会不安障害 原因 親

親が原因でおこる社会不安障害

スポンサーリンク

社会不安障害には大まかな診断基準があります。
たとえば、劣等感、赤面症、対人不安、人前での異常な緊張、人に頼ってしまう、職場や学校で人の輪に入れない、多汗症、吃音など人より以上に不安や緊張の度合いが強いことが認められると、社会不安障害と判断できます。
社会不安障害は、特に社交上の人間関係に伴う悩みやストレスなど対人的な不安を強く感じる障害です。
しかし、現実には他の病気が隠れている場合もあります。
甲状腺機能亢進症やパーキンソン病、発達障害の場合もありますので、一度は病院での受診をお勧めします。
社会不安障害と同時に起こりやすいものでは、高所恐怖症や潔癖症、出かける前に鍵を掛け忘れたのではないか、電源を入れっぱなしにしてきたのではないかなどの、不完全恐怖症、先端恐怖症なども同時に発症することもあります。
いずれも、通常と比べると異常なほどに気にする場合が特徴的です。
特に学校や職場でこのような人との関わりで症状が出ると、社会生活が生きにくくなります。
はっきりとした病気以外は、幼少期の家族関係、特に親との関わりが原因となることが多いのです。

スポンサーリンク

幼少期は子どもは親から守られ、安心して生活することが一番なのです。
それが、親の育児放棄や虐待などを受けていると、大人になって不安感が現れてしまいます。
こどもにとっては親が一番で、無二唯一の存在なのです。
その親が、家庭の中で常に口げんかをしていたり、家族団らんの場、特に食事を一緒にすることやたまに家族で出かけたりなどがほぼ無い状態の環境で育つことは、子どもの心に寂しさを覚えさせてしまいます。
夜遅くまで一人ぼっちであったり食事も一人で食べることは問題です。
原因は幼少期の関わった人間関係で大きく変わってきます。
家族だけでなく友達関係でも起こります。
イジメが大きな要因です。
イジメが起きてもそれを対処してくれる家族がいれば最小限にとどめることが出来るのです。
その家族が頼れないことが大きな原因なのです。
たとえ、話すことが出来なくても一緒にご飯を食べることや出かけたりテレビを見たり、何気ない話をすることで心は癒されて大事にはならないのです。
社会不安障害は幼少期の親の対応如何によって対処出来ます。
現在、不安障害に悩まされている場合は、心療内科を受診して少しでも生きやすい人生にしたいものです。

スポンサーリンク