社交不安障害 甘え

甘えとは限らない社交不安障害

スポンサーリンク

人間関係や仕事、金銭面など、生活していくためには人との関わりや労働、最低限のお金が必要です。
人間関係が上手く築けなかったり、仕事のことで悩んだりした場合は、嬉しさや期待感よりも心配や不安の方が大きくなってしまう場合があります。
心配や不安は年齢に関係なく誰でも感じる感情です。
しかし、中には心配や不安の感情が過度に発生してしまい、思考が鈍くなったり、行動力が低下したりなどによって悩んでしまう状況が考えられます。
これは社交不安障害という病気の一つで、誰もが患う可能性はあります。
医師やカウンセラーとの面談、服薬での治療となっており、短期間で改善が見られる場合もあれば、長期間の治療で改善する場合もあるため、治療期間は個人差が大きいです。
社交不安障害は自覚し辛い病気なので、発見が遅れたり、長期間に亘って気付いていなかったりなどの状況はあり得ます。
ですから、自身の肉体面や精神面に異常を感じた場合は、医療機関を頼ることが大切です。

スポンサーリンク

社交不安障害は病気ですが、甘えと捉えられるケースがあります。
しかし、甘えか病気かの判断は自分ですべきことではないです。
たとえば、社交不安障害を患っているにもかかわらず、無理に明るい思考を意識するのは精神的な負担となります。
また、自分でだけではなく、家族や友達、会社の同僚から甘えと判断された場合も、適切な判断とは言えません。
適切な判断は、医療機関にて診察を受けることでわかります。
そのため、甘えと言われてしまった時は、まず気にしないことが大切です。
また、仮に医療機関にて問題無しの診察結果だったとしても、心配や不安は残っている場合があるので、医療機関の診察結果だけで決めるべきことではないです。
自分の体のことは自分が一番わかるからです。
ですから、診察結果が問題なかったとしても、急に思考を変えたり、明るく振る舞ったりなど無理をするのではなく、少しずつ意識や考え方を変えていきます。
そうすれば、心配や不安を感じる機会は減っていきます。

スポンサーリンク