適応障害 チェックリスト

適応障害チェックリスト

スポンサーリンク

どんな人でも日常生活の中で辛いことや思い通りにならないことがあると、ストレスを感じてイライラしたり悲しくなったり、また憂鬱感を感じるものです。
これらの社会生活上のストレスを、多くの人が感じる以上に強く受け日常生活や仕事、あるいは学校生活などが著しく障害された状態である場合、適応障害とされます。
またストレスやある特定の本人にとっては耐えがたい出来事によって予想以上のダメージを受けている状態であると言えます。
これは周囲のサポート不足や本人の精神的な弱さが背景にあると考えられます。
そして適応障害とは誰しもが発症する可能性があるのです。
どのような人がなりやすいのかとチェックリストでも挙げられますが、真面目で几帳面な人や責任感が強い人、完璧主義な人などです。
また周囲の意見や評価を気にしすぎる人や失敗を引きずりやすい人というのも適応障害になりやすいです。
上手く息抜きをしたり、時には手を抜くのも大切なことなのです。

スポンサーリンク

適応障害になる主なストレスの原因は仕事や学校、家庭や恋愛、または病気などの問題と考えられます。
経済問題や子育てのストレス、失恋やいじめ、慢性的な疾患によるものなど様々です。
症状のチェックリストとして主に挙げられるのは、不安や恐怖、焦燥感と共におこる動悸や吐き気などの身体症状と憂鬱感、喪失感、絶望感などのうつ症状です。
また年齢に不相当な問題行動などもチェックリストにあります。
適応障害の症状とは、ストレスに対して多くの人が感じる反応の延長線上にあるものです。
つまりストレスの感じ方が通常よりも重症化した状態であるということです。
ですので本人あるいは周りの人が発症していても気づきにくい場合も多いと言えます。
しかし適応障害は本人の抱えるある特定の問題によることが多いのでストレス要因を排除することで状態は良くなりますが、性格の問題やストレス要因を排除するのが難しい場合など、状況によっては心療内科への受診が必要です。

スポンサーリンク