うつ病 症状 嘘

うつ病の症状と周辺の嘘疑惑への対処

スポンサーリンク

うつ病は誰にでも起こり得る病気ですが、真面目で手抜きのできないような性格の方が特に起こりやすい病気です。
業務多忙等でストレスを抱え、さらに捌け口の無い状態が慢性的に続く様な環境で起こりやすくなります。
初期症状としては日常生活において倦怠感が増し、会社だけでなく家庭などにおいても人との接触を避ける様になります。
また、症状が進むと感情的にも暗く覇気の無い状態が続く事が多くなりますが、酒席等になると一時的に別人の様に明るくなったりと、感情の起伏が激しくなってきます。
ゆえに周辺からは単にやる気がない、嘘をついて病気にみせている。
と認識される場合が非常に多くあります。
困難なのが本人が自分がうつ病であると認識しづらい事です。
症状が進行しますと自殺願望等もでてきます。
昨日まで普通に見えていた人間がいきなり自殺に走るケースもあります。
自分が精神的におかしいと思ったら産業医や精神科医に早めに相談する事だけでなく、周辺の人間も言動がおかしいと思ったら早めに診察を受けさせる事が重要です。

スポンサーリンク

産業医や精神科医にうつ病であると診断された場合、ケアは非常に長期になります。
半年から1年はケアが必要です。
うつ病は社会的に嘘と誤認識される事がいまだに多く、治療中は本人にとって非常に辛い時期となります。
ケアの為に会社への出社も長期間にわたり控えなければならなくなる場合もあります。
産業医や精神医からの出社可能許可がでたとしても、いきなり当時と同じ業務遂行をおこなう事はできません。
雇用する企業としても精神的に負担のかからない部署への配属や、人間関係等を考慮した配置をおこなわねばなりません。
うつ病は1度発症すると非常に再発しやすい病気です。
本人が病気や症状に気付きにくいからです。
また、周辺から自分が嘘をついていると思われているのではというマイナス思考に陥りやすくなります。
会社、管理者は復職に備え、嘘ではないかという周辺の意識を排除しておく事が必要です。
その為にはメンバーをまとめ、指導する管理者、監督者がうつ病に対する正しい知識をもっている事が必要です。
早期発見、再発防止には本人の意識改善だけでなく周辺の方の認識と長期的なサポート、ケアが非常に重要になります。

スポンサーリンク