パニック障害 仕事 休む

パニック障害の治療には仕事を休む事も必要

スポンサーリンク

パニック障害とは、精神疾患の1つであり、比較的起こりやすい症状です。
不安障害などとも呼ばれており、うつ病と診断される事もあります。
パニック障害で起こる症状は、突然鼓動が激しくなったり、息苦しさ、めまい、発汗、震えなどがあります。
突然起こるため、とても不安になったり、死んでしまうのではないか、など恐怖感が襲ってきます。
電車やエレベーターなど、人が多く逃げ場のない状況や、人混みや人前で何かをしなければいけない時、広い空間にいる時などに発作が起きやすいと言われています。
何度か発作を起こす事によって、もし今発作が起きたら逃げ場がない、対処できない、恥ずかしいなどと不安に感じるようになり、それが引き金になり発作を起こすようになってしまうのです。
そのため、電車やエレベーターなどに乗れなくなり、人前で話すことを困難に感じる場合もあります。
そのような症状が続くと、出勤するのが難しくなり、仕事も休む必要が出てきてしまうのです。

スポンサーリンク

パニック障害が起こると、いつ発作が起こるかわからないため、不安で外に出れなくなってしまいます。
そのため出勤できなくなり、仕事を休む回数も増えてしまいます。
症状がひどい場合には、仕事を辞めて治療に専念する方法もあります。
仕事を続けたい場合には、上司に相談して、症状を理解してもらう事が必要になります。
パニック障害が起こる原因は、神経伝達物質である、セロトニンの分泌量のバランスが乱れる事から起こると考えられています。
疲れやストレスが溜まっていたり、トラウマを抱えている事もパニック障害の原因と言われているのです。
パニック障害の対処法は、まずはゆっくり休む事です。
自分がリラックスできる事を、積極的に取り入れるようにし、ストレスを回避する事が大切です。
また、病院で治療する事もできます。
薬物療法と心理療法が一般的な治療方法であり、医師の指導のもとに行われます。
病院によっては、カウンセリングを導入しているところもあります。

スポンサーリンク