うつ病 無職 一人暮らし

一人暮らしで無職の人が陥りやすい「うつ病」

スポンサーリンク

【無職と一人暮らし】世の中には色んな理由で無職の人が存在していますが、一人暮らしの場合無職は精神的にこたえるものです。
親が家賃を払ってくれるか、宝くじや貯蓄でもない限り、家賃を毎月支払わなければならないからです。
それでも働けない人もいます。
例えば「うつ病」を理由に退職した場合です。
雇用保険がおりるまで3か月ある為、一人暮らしの場合ある程度の貯蓄が必要となります。
また、精神的な病の場合、働きたくともそうは出来ない「心」の問題の為、周りがサポートしてもなかなか社会に復帰出来ない事があります。
何をするにも気分が晴れず引きこもりになったり、人と合うのが怖くなったりしてしまうのです。
会社に勤めている時の人間関係でうつ病を発生する人もいれば、プライベートな出来事をきっかけに病に陥る人もいます。
うつ病になると精神科に通いながら長い期間をかけて改善していなければなりません。
その期間に働きだして上手く改善していく人もいれば悪化する場合もあります。

スポンサーリンク

【うつ病になりやすい人の特徴】では、一人暮らしの人でうつ病になりやすい人はどんな人なのでしょうか。
一般的には「真面目」「几帳面」「責任感がある」人がなりやすいと言われています。
仕事などで重圧に耐えきれないけれど、投げ出したくない、最後までやり遂げたいと無理を続けた結果、うつになりやすいのです。
女性よりも男性がなりやすいのもこれが理由ではないかと言われています。
年齢を重ねるほどに責任が増していき、家族を持っている人ほど逃げ出せない状況になります。
家庭を守りたいという責任感が強い人ほど頑張り屋さんの人が多く、気づかないうちに心がどんどんやられている事があるのです。
根がポジティブな人であれば踏ん張れるかもしれませんが、そうでない人にはいつの間にか「やらなければならない」という義務感に襲われてしまう事があるのです。
一人暮らしの若い人の場合は忙しい業務に追われたり、虚無感に襲われたり、自分の存在について考えてしまったりする時が危険信号です。

スポンサーリンク