パニック障害 症状 泣く

パニック障害における泣く症状とは

スポンサーリンク

パニック障害というものは人によって症状や病気になるきっかけは様々です。
症状は、息苦しさ、動悸、頭痛、胃痛、胸の痛み、のぼせる様な感覚と多岐に渡ります。
またパニック障害になる原因も過度なストレスであったり、重圧や不安、急激な環境の変化や不規則な生活と、病気になった方の事情の数だけ原因があります。
こういった中に泣くという症状もります。
今回は、泣くという事をテーマにパニック障害にはどの様に向き合っていこうかを考えてみましょう。
パニックの発作はなった人でないとわかりませんが、大変苦しいものです。
また、最近でこそ徐々に理解のある病気になってきていますが、普通に内科行っても原因がわからなかったり、何でも無いという診察で終わる事もあります。
それに輪をかけてパニック障害になる原因にストレスや不安感というものがある訳ですので、他人に理解してもらえない辛さやストレス、自身の症状が原因不明である事の不安感でなどで泣く事や叫ぶ事は珍しい事ではありません。
パニック障害で無かったとしても人はストレスであったり悩みや他者との関係で泣く事はあるのではないでしょうか。
こういった問題にどの様に向き合って対処していくか更に掘り下げてみましょう。

スポンサーリンク

全てではありませんが、パニック障害になる方に多い方は真面目で責任感のある方が多いとも言われています。
それ故に普段から様々な問題を自分の心の中だけで抱え込んでしまって病気のきっかけとなってしまったという方は多いのではないでしょうか。
どんな人間の心にもキャパシティーというものがあります。
人の心は泣いたり叫んだりする事で溜め込んだものを外に吐き出す様にできています。
目に見えないものが心には溜め込まれているのですが、メカニズムは風邪やお腹を壊した時に菌を外にだす事と同じです。
心の悪いものも泣く事で外に出そうとするのは人と自然な事なのです。
パニックの症状は自分の力だけで治せるという方もおられるかもしれませんが、基本的には色んな方の力を借りて治していく事が重要です。
まずは心療内科や神経科等の専門家に相談し、薬などの力を借りながら長期でゆっくり治療していく事で回復させていく事が最も確実です。
普段の苦しい症状を薬を用いて緩和させれば、苦しみがある時よりも冷静に問題に向き合えると思います。
様々な原因から生まれる病気ですし、人の心というものは複雑であって当然ですので、お医者様に相談しながら自身にあった治療法を見つける事が回復への近道です。

スポンサーリンク