パニック障害 症状 叫ぶ

パニック障害の叫ぶ症状

スポンサーリンク

パニック障害は脳の神経伝達物質の異常が原因といわれています。
きっかけはストレスによるものが多く、完治が見込まれるといいます。
ですが、症状は一般にパニック発作とされているもの以外にもたくさんあります。
パニック障害のパニック発作とは、動悸、息苦しい、強い不安、気が変になりそう、震え、強い恐怖感などが4つ以上同時に起こり、10分以内に頂点になり、一時間以内にはおさまります。
その知識はあっても、実際に発作が起きたときは何も考えられないことのほうが多く、とても辛いのが現状です。
その場合の対処法は薬を頓服として使うことが一番効果的ではないかと思います。
パニック障害の症状に「叫ぶ」というものはあるのか、ということですが、ある場合もありえる、と考えられます。
最初はなかったのに、途中から出てきた、ということもあると思います。
叫ぶ症状があるというよりは、叫びたくなるほど辛い状態になっているということになります。

スポンサーリンク

叫ぶという状態になった場合はどうしたらいいのでしょうか。
どの時間帯でも叫ぶということはできれば避けたいものです。
近所に知られる、迷惑をかけてしまう、と症状としては困ってしまうものでしょう。
パニック発作が起こっている間は会話もままならないと思うので、声を出そうにもうまく出せないということが多いかと思います。
思いっきり叫べたらどんなに楽か、と思いますが、なかなかそういうわけにもいきません。
パニック発作が出ている間、寄り添ってあげるのなら、抱きしめて、さすってあげたり、手をつないだり、というのが一番いいでしょう。
冷たい水や、麦茶を飲ませて楽な姿勢をとらせます。
叫ぶ状態の場合は抱きしめて、お腹で声を吸収させるか、クッションやタオルなどやわらかいものを口にあてて、防音状態にすることです。
叫ばせてあげることもできるし、少し周りへの配慮になります。
決して、叫んじゃダメだと怒ったりしてはいけません。
それだけ本人は辛いのです。
本人も叫びたくないはずです。

スポンサーリンク