パニック障害 治る きっかけ

パニック障害が治るきっかけ

スポンサーリンク

パニック障害とは近年俄に注目を浴びるようになった病気で、不安障害の一つだと言われています。
胸の鼓動が早くなり息ができない、このまま死ぬのではないかという不安が胸をさいなみ、苦しむのが特徴です。
 悪化すると一人で外出するのでさえ恐怖を感じるようになり、乗り物に乗ることですら困難になります。
しかし投薬によりそれらの不安が解消される傾向にあり、生命に関わるようなものではないという指摘があります。
 この病気は男性よりも女性がなりやすいと言われています。
その中でも感受性が豊かな人、物事に強いこだわりを持つ完璧主義者、周囲に気を遣いすぎる人などが特になりやすいとされています。
 年代的に見ると、20代から30代前半が発症しやすいとされています。
これは女性の生理の周期とも関係があるとされています。
 この病気を予防するコツは、なるべく刺激物を摂取しないこととなります。
これはアルコール類やカフェインが入っている飲み物が該当します。
 パニック障害は治療すれば治る病気ですが、そもそもならないことが大切です。

スポンサーリンク

 パニック障害が治るきっかけとなるのは、考え方の変更です。
これは物事を悲観的に捉えてクヨクヨするのではなく、なるべく前向きに捉えて、楽天的にすごそうというものです。
 急に気分を変えるのは難しいというのであれば、全く知らない場所に行くのが有効です。
これは海外へ行ったのが、パニック障害が治るきっかけになったという人が多いため、その効果が確認されています。
 睡眠時間を十分に確保するようにしたのが、治るきっかけになったという人もいます。
これは休養を取るようにして、規則的な生活をするようにしたという影響もあります。
 人間は一日平均6時間から8時間の睡眠を取ることにより体調を整えることができるのです。
緊張感から眠れないというのであれば、睡眠を促す成分を含んだ飲食物を摂取するようにしましょう。
 これは薬に頼っても効果が一時的で、根本的な解決にはならないためです。
自分の力でぐっすりと眠れるようになれば気分も変わるので、治るのが早まります。

スポンサーリンク