パニック障害 原因 旦那

旦那が原因のパニック障害とは

スポンサーリンク

「パニック障害」という病気をご存じでしょうか。
急に意味もなく不安になりパニックを起こしてしまう病気です。
精神的なものですので、表面上はわかりにくく、中々まわりに理解して貰えないことも多いのが特徴です。
特別な原因がなくても不安になってしまう場合も多く、代表的な症状としては、一人で乗り物に乗れなくなってしまうというものがあります。
そんなパニック障害ですが、旦那の態度が原因で発症してしまう女性というのが、少なからず存在しているのです。
まずは、旦那が怒りっぽくDVスレスレのような状態の家庭などで起こりやすいということが言えます。
暴力をふるわれるかもしれない、罵詈雑言をあびせられるかもしれないという恐怖から、徐々にパニック障害を発症してしまうのです。
または、義両親と嫌々ながら同居をさせられ、精神的に疲れている女性などにもみられます。
常に、自分の感情を押し込めざるを得ない状況に暮らしている女性に多いのです。

スポンサーリンク

パニック障害の原因が旦那にある場合、症状を改善させるための薬を服用しているだけでは決して治ることはありません。
根本的な現況である旦那の意識を変えていくことが大切なのです。
たとえば、女性の友人や親せきなど、第三者的な立場をとれる人に助けを求め、旦那の態度が一般的ではないということを知らしめる必要があるのです。
病にかかってしまっていては、中々助けを求められないと思いますが、少しでも症状が良い時に決行すると良いでしょう。
または専門医に相談するというのも良いでしょう。
そして、義両親については旦那そのものが原因ではないように思えますが、きちんと自分の両親を御すことが出来ないという情けない態度、そして自分の妻を最優先に守るという意識が抜け落ちていますので、結局は男性側の落ち度ということになるのです。
上記のようなことは、身体だけは充分に大きくても頭の中身が幼稚な男性と結婚した場合に起こりやすい現象です。

スポンサーリンク